送るタイミング | 結婚式などのお祝い事で、印象的な贈り物をする

結婚式などのお祝い事で、印象的な贈り物をする

水引

送るタイミング

電報が効果的に用いられるのは、結婚式のプログラムにおいてである。
結婚式では祝電を読み上げる機会が設けられており、出席できなかった人々の思いを新郎新婦や親類縁者に伝える良い機会となっている。
結婚式の時は、新郎新婦はとても忙しいので、挨拶まわりをしている余裕が持てないことがある。
このため、電報を結婚式に間に合わせて届けるということは、新郎新婦が確認する上でもとても大事なことである。
電報や手紙を結婚式の後で届けることでも、思いを充分に伝えることができるが、やはりこの式の中で読み上げるとなると、嬉しさが倍増する。
式の日を正確に把握し、それまでには確実に届けることが、サプライズにもなる。

結婚式の電報をタイミングよく送りたいのであれば、早めに手配しておくことが推奨されている。
電報はすぐに届くが、日取りを考えて前もって準備しておけば、デザインやどんな電報があるかといった検討ができる。
このため、前もって結婚式の日取りが分かっているのであれば、準備しておくことが大事なのである。
結婚式はどんなに急なものでも、会場を借りる式であれば三ヶ月前には日取りが知らされるものである。
このため、その日までに出欠の返事をし、電報を検討することは充分に可能である。
少なくとも披露宴の一時間前には、会場に届けられるように手配するのが適当である。
電報は披露宴の式場ではなく、新郎新婦に直接届ける場合もあるので、確認しておいた方が良い。
一ヶ月前に予約をすると割引してもらえる業者もある。

Copyright © 2015 結婚式などのお祝い事で、印象的な贈り物をする All Rights Reserved.